看護師のお仕事「お給料について」

「看護師のお給料は高い!」というイメージを持たれている方が多いですが実際は、どうなのでしょうか?結論から申し上げると、看護師の初任給は、他の仕事に比べると確かに高く設定されています。

しかし、お給料の昇給率を比較してみると、他の仕事と大差ないか、むしろ少ないことがあるのです。では、なぜ、看護師のお給料は高いというイメージが持たれているのでしょうか?それは、夜勤や残業の手当がつくからです。

それらの手当てが付かない場合は、普通のお仕事と変わりないお給料ですが、夜勤や残業の手当が付くと、かなり高額なお給料となるのです。

夜勤専門のパートやアルバイトの看護師が自ら率先して夜勤を希望するのは、時給が良いからなのです。

夜勤専門のパートやアルバイトの看護師は、看護師の夜勤業務だけで余裕のある生活をできるくらいのお給料をもらうことができるのです。看護師のパートやアルバイトの平均時給は1600円以上で、時給ランキングで2位だそうです。

つまり、こういった現状が、「看護師のお給料は高い!」というイメージを作り上げているのです。では、実際に働いている看護師は、もらっているお給料に満足しているのでしょうか?

その答えは、ほとんどの看護師は、お給料に満足していないというのが現状です。なぜなら、看護師不足で、猫の手も借りたいほどの忙しさだからです。仕事量に比べて、もらえるお給料は少ない・・・と感じる看護師が多いのです。

では、なぜ、看護師を続けているのでしょうか?その理由は、ほとんどの看護師は、お給料のために看護師をしているわけではないからです。患者さんや患者さんの家族からもらえる笑顔や感謝の言葉のために看護師を続けているのです。


このブログ記事について

このページは、医療はざまんが2013年12月25日 20:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Type 4 へようこそ!」です。

次のブログ記事は「看護師のお仕事「待遇について」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。